u16suzuの blog

u16suzu のブログです。

swiftのコピペコード置き場

UILabel

  • 開発中のデバッグでたまにコードで置いちゃう。
let label = UILabel.init(frame: CGRectMake(0, 100, 0, 0))
label.text = "Test Label"
label.sizeToFit()
view.addSubview(label)

イニシャライザの UILabel.init(frame: frame)UILabel(frame: frame) とも書ける。 個人的には, objc っぽい見た目なので init がある前者のほうがすき。 あと、手早く書きたいならば let label:UIlabel ではなく、 let label = ... と書いちゃって、型推論に任せる。 せっかくあるものだから使っていかないと。

UIButton

let btn = UIButton.init(type: .System)
btn.frame.origin.y = 150
btn.setTitle("button", forState: .Normal)
btn.sizeToFit()
btn.addTarget(self,
    action: "buttonPushed:",
    forControlEvents: .TouchUpInside)
view.addSubview(btn)

// MARK: - Controll Actions

func buttonPushed(sender: UIButton){
    print( "buttonn pushed" )
}

Swift になって、 btn.frame.origin.y = 150 みたいに直接座標を指定できるようになったの便利。

Pragma Mark

// MARK: - Controll Actions