読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

u16suzuの blog

u16suzu のブログです。

git submodule の使い方まとめ

git submodule は、本体ソース内から、別のリポジトリを参照する場合に使用する。

git submodule show と同じ
status サブモジュール一覧を表示する。プレフィックスの意味 - : 未初期化, + : インデックスのSHA-1と合っていない, U:コンフリクト発生
add サブモジュールを追加する。その後commit をする必要がある。
init .gitmoduleの情報(名前とレポジトリのurl)を .git/config に書き出す
update .git/config の情報を元にsubmoduleをクローンする

git submodule init してから、git submodule updateするのと、git submodule update --init は同じ。

git submodule init で追加される情報は以下のとおり

[submodule "cap_test"]
        url = git@github.com:u16suzu/cap_test.git
git submodule init のヘルプ和訳

Initialize the submodules, i.e. register each submodule name and url found in .gitmodules into .git/config. The key used in .git/config is submodule.$name.url. This command does not alter existing information in .git/config. You can then customize the submodule clone URLs in .git/config for your local setup and proceed to git submodule update; you can also just use git submodule update --init without the explicit init step if you do not intend to customize any submodule locations.


git commit init コマンドはサブモジュールを初期化する。つまり、.gitmodules にあるサブモジュールの名前とurlを .git/config に書きだす。 .git/config で使用されるキーは submodule.$name.url である。このコマンドは .git/config の既存のデータを書き換えない。したがって、.git/config にあるURLはローカルのものを指定でき、git submodule update することができる。どのサブモジュールのパスも変更しないならば、 git submodule update --init を使うことで、git submodule init を省略できるよ。

サブモジュールを編集する

サブモジュールで参照した先のファイルを編集した場合は参照元のcommitも行う必要がある。これをしないと、どのコミットを参照しているかわからなくなるらしい。もしくは、submodule の本体レポジトリでコミット&pushし、参照元でpullする。最初は後者の方をやってたけど、大分面倒くさかったので前者に変えた。
前者の場合に、参照元の更新を行わないと、git submodule status のプリフィックス + がでる。
git submodule update するか、上の方法で解決する。

サブモジュールの削除を行うコマンドはない。以下削除の手順。
.gitmodules, .git/config から該当する行を削除後
git rm --cached path/to/hoge
git commit -m "Del: delete submodule"