u16suzuの blog

u16suzu のブログです。

Ruby

リトライ処理のメモ

Rubyでリトライ処理をする際のテンプレ。再帰を使って綺麗に書ける。 class RetryException < StandardError; end def foo p Time.now raise RetryException end def retry_foo( rc = 3) begin foo rescue RetryException => ex # RetryException以外はretry…

Object#methodについてメモ

この書き方ができるの知らなかった. # レシーバがself. (Object#methodはレシーバとメソッドの実態を封入する.) [1,2,3].each( &self.method(:puts) ) [1,2,3].each( &method(:puts) ) # selfを省略できる [1,2,3].each{|i| puts(i) } こちらはたまに使う. #…

定数を定義する

module Constants GOLD_DEFAULT = 100 ITEM_MAX_COUNT = 255 end p Constants::GOLD_DEFAULT, Constants::ITEM_MAX_COUNT # => 100 # => 255 p Constants.constants # => [:GOLD_DEFAULT, :ITEM_MAX_COUNT] 定数は初めだけ大文字であればよいのだが、全部大…

実引数側でのアスタリスク(*)の使用例メモ

実引数側でのアスタリスクの使用例メモ。配列オブジェクトを展開してメソッドの各引数に入れてくれる。便利。 def foo(name, val) "#{name}: #{val}" end ar = [[:a, 1], [:b, 2], [:c, 3]] ar.each do |elem| puts foo(*elem) # here end こちらの記事のsci…

scopeの使い方メモ

よくググるのでメモ scope :available, -> { where('deleted = false') } scope :available, -> { receivable.opened.showable } # 引数あり scope :find_by_friend_ids, -> friend_ids { where( target_id: friend_ids ) }

[キーワード引数] キーワード引数の使い方メモ

よく忘れるのでキーワード引数の使い方のメモ. 2.1からarg1のようにキーワード引数のデフォルト引数は省略できるようになった. def foo( arg1: , arg2: "arg2") puts "#{arg1} #{arg2}" end # 定義時に省略したarg1は呼び出し時には省略できない.(ArgumentEr…

enumのメモ

定義 class Log < ActiveRecord::Base enum reason: { login: 0, purchase: 1, finish_game: 2 } end 呼び出し 以下のように書いておくと、後から変更が必要になった時にわかりやすい pry(main)> Log::reasons[:login] => 0 全部欲しい場合 pry(main)> Log::…

Rubyのメタプログラミングメモ

Classをインスタンス化する時にHashで渡した値でInitializeするクラスのテンプレート class Person attr_accessor :name, :age, :address def initialize( hash={}) if block_given? yield( self ) else hash.each do |k, v| public_send("#{k}=", v) if res…

Rubyの特殊変数メモ

$! : 最後に発生した例外オブジェクト $: : Rubyライブラリの検索パス, $LOAD_PATH $0 : 実行中のRubyスクリプトのfile名 $/ : 区切り文字 $, : デフォルトの出力フィールド区切り文字列 参考: module Kernel (Ruby 2.1.0)

Classをインスタンス化する時にHashで渡した値でInitializeする

Classをインスタンス化する時にHashで渡した値でInitializeする class Person attr_accessor :name, :age, :address def initialize( hash={}) if block_given? yield( self ) else hash.each do |k, v| public_send("#{k}=", v) if respond_to?("#{k}=") en…

Hash.newにブロックを渡す

以下の記事を読んで初めて知ったのでメモ。 Ruby で メモ化カッコカリ( #rubytokai 発表メモ) - 名古屋で数学するプログラマ(仮) Hash.new にブロックを渡すことができる。 このブロックはすぐには実行されずに、h["key"] と言う形で参照されたキーがhash…

オブジェクトのパラメーターとメソッドの引き数名が同じ時は、メソッドの引数が優先される

オブジェクトのパラメーターとメソッドの引き数名が同じ時は、メソッドの引数が優先される。 もしも、パラメーターを呼びたい時はselfをつける。 class Foo attr_accessor :name def bar(name) p name # => "aaa" 引数が優先されている p self.name # => "do…

2016/8/1(mon)の日記

プロジェクトで使っている bundler で入れたgemの調査をするためのコマンドをbashで書いた。 Ruby 書くときは atom がメインエディタになりつつある。 RubyMineは重いので、コードリーディングの時だけ使っている。 ### bundler でインストールした gem を編…

「Rubyのしくみ」(Ruby Under a Microscope)を読んだ

「Rubyのしくみ」(Ruby Under a Microscope)を読みました。 Rubyのしくみ -Ruby Under a Microscope-作者: Pat Shaughnessy,島田浩二,角谷信太郎出版社/メーカー: オーム社発売日: 2014/11/29メディア: 単行本(ソフトカバー)この商品を含むブログ (4件) を…

2つの proc を合成して1つの proc にする

# 2つの proc を合成して1つの proc にする def foo(arg1, arg2) Proc.new do arg1.call arg2.call end end p1 = Proc.new { p 123} p2 = Proc.new { p 456} res = foo( p1, p2 ) res.call # => 123\n456

Rubyで行列とベクトルの演算

固有ベクトルは任意の行列m を適用した際に,向きが変わらないベクトルのこと require 'matrix' m = Matrix[ [2,1], [1,2] ] v1 = Vector[1, 1] v2 = Vector[1, -1] # v1は m の eigen vecotr p m * v1 # => Vector[3, 3] # v2 is eigen vector of matrix m t…

Rubyで設定系DSLを書いてみた

こちらのスライドを参考にしてRuby で設定系のDSLを書いてみました。 sixeight.hatenablog.com ところどころ、コメントを書いて理解しながら書いてみました。 # 設定系DSL class Awesome class Config attr_accessor :hoge, :fuga # (a) attr_accessor :method …

よく使うクエリパラメータ系のメソッドを使い回せるようにする

ページネーションがあるAPIを作るとき毎回書くのが大変なので共通化した。 base_controller.rb に書いておくと、他のコントローラから使い回せて便利。 def params_page params[:page].try(:to_i).presence || 1 end def params_site_ids params["site_ids"].tr…

自分で作ったクラスで Enumerable モジュールを include して使う

class CatList include Enumerable def initialize(*cats) @cats = cats end def each for v in @cats yield v end end end cats = CatList.new( "mike", "cha", "tora" ) p cats.map(&:upcase) # => ["MIKE", "CHA", "TORA"]

セッターを定義する

何も代入していないけれどもw class Man def age=(value) p "I am #{value}years old" end end Man.new.age = 3 # => "I am 3years old" Rubyをまたやることになりそうなのでリハビリ中。

あるクラスのインスタンスメソッドの一覧を取得する

class Human def say p "hello" end end p Man.instance_methods(false) # => [:say, :age=] 任意のクラスが include しているモジュール一覧を表示 p Array.included_modules # => [Enumerable, Kernel]

画像ファイルの名前に @2x をつけるスクリプト

# rename.rb # ex. hoge.png => hoge@2x.png require 'pathname' require 'fileutils' Dir.entries('.').each do |entry| if Pathname(entry).extname == '.png' FileUtils.mv entry , Pathname(entry).sub_ext('@2x.png') end end

Rubyの変数 Ruby variable

ローカル変数 hoge インスタンス変数 @hoge クラス変数 @@hoge グローバル変数 $hoge

macにVagrantをインストールしてみる

Vagrantは VirtualBox をCUI からつかえるようにするツール 方法 VirtualBoxをダウンロードしてインストール https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads Vagrant をダウンロードしてインストール http://www.vagrantup.com/downloads.html インストールでき…

素のRackを使ってみる

simpleapp.rb class Hoge def call(env) [200, {"Content-Type" => "text/plain"}, ["Hello, world!"] ] end end simpleapp.ru require './simpleapp' run Hoge.new 起動すると Rails でおなじみの WEBrickが起動する. ポート番号は 9292 $ gem install rack…

Ruby でマルチスレッドプログラミングなど

一番シンプルな例. forkしてみる. th = Thread.fork do p 33 end th.join マルチスレッドで出力 def multi_thread threads = [1, 2, 3, 4].map do |e| Thread.fork(e) do |i| p i end end threads.each {|th| th.join} end multi_thread Process pid = fork …

Create json from hash with using Ruby

require 'json/pure' h = {'dog'=> 'bow', 'cat'=> 'meow'} puts JSON.pretty_generate(h)

rubyのワンライナーで連番のファイル名と画像サイズをを一括変換する.

そろそろワンライナーに手を出そうと思いましてメモです. ファイル 1.png, ....を hoge1.png, ... にリネームする. $ ruby -e '(1..5).each { |i| system "mv #{i}.png hoge#{i}.png" }' ファイル1.png, ... を 一括で 100x60 にサイズ変換する $ ruby -e '(1…

ディレクトリ内のファイル名を一括で変更する

rubyの場合 # 1.jpg => pict1.jpg に変更 Dir.foreach('.') do |f| if f =~ /.*jpg/ puts f system "mv #{f} pict#{f}" end end shellの場合 1.jpg => pict1.jpg に変換. {}にfindの値が入る. {}は -I{}で指定している. $ find * -print0 -type f | xargs -0…

配列を小さい配列に分割する

a = [1,2,3, 4,5,6, 7,8,9, 10] res = [] while a.size > 0 res << a.slice!(0, 3) end p res # => [[1, 2, 3], [4, 5, 6], [7, 8, 9], [10]]