u16suzuの blog

日々学んだことのメモブログです。

RubyMine

RubyMineでファイルのシンタックスハイライトが効かないときの対応方法

bash のコードは拡張子がなくてRubyMine側がファイルの種類を判断できなかったりするので、自分で指定する必要がある。 Help > Find Action... > Action > Associate with File Type... で指定できる。 Find Action は shift 2回でも起動できる。

RubyMineのメモリ容量を増やす設定

Help > Edit Custom VM Options... をクリック メモリ容量を増やす -Xms1024m -Xmx2048m

gemのソースを pry-byebug を使ってブレークポイントで止めて読む準備

いつも仕事でもプライベートでも使っている bundler だけど、中身のコードを把握していないのでどうも雰囲気で使っている感が否めない。 そこで、ソースを読み腹落ち感を得るためにコードを読む準備を進めてみた。 pry-byebug を使ってブレークポイントで止…

rails console から任意のメソッドのソースコードをRubyMineで開く

設定 .pryrcに以下を追記する。RubyMineのCUIコマンドがない場合は Tools > Create Command-line Launcher... で作っておく。 Pry.config.editor = proc { |file, line| "/usr/local/bin/mine --line #{line} #{file}" } Pry.commands.alias_command 'mine',…

RubyMineとiTerm2 でRubyのバックトレースからファイルを開く時に RubyMine で開くようにする

iTerm2側で以下の設定をすることで、cmd+click でファイルパスを選択した時に RubyMineで開いてくれます。 iTerm2 の Preferences > Profiles > 任意のプロファイルを選択 > Advanced タブ > Semantic History > Run Command を選択 > `/usr/local/bin/rubym…